Harvesting free energy from the atmosphere  
 
組み込みによる第1レベル濾過プロセス
冷却機の冷却媒体そのものがメインのフィルターです。交互に重なった細長い筒を持つハニコム状の媒体を、それに流入する空気の方向を変えるように配置しています。そえによって浮遊微粒子は二段構えで濾過・除去されます。ラボのテストでは80%の埃除去効率が達成できます。
慣性質量による分離
空気の分子が方向を変える時、より重い微粒子は同じ速さで方向転換ができず媒体の壁に衝突し、底部のタンクに落下します。
粘着補足による濾過
濡れた媒体の壁の表面張力によって微粒子は補足され、最後には底部タンクに流し落とされます。人間の鼻の濾過機能と似ています。
Optional Primary Filtration
必要な場合、内部フィルタースクリーンを取り付けて外気が冷却パッドに入る前に粗い粒子を除去します。
この方法ではファンに対して減圧作用を生じると同時に恒常的なクリーニングが必要です。したがって内部フィルターはお客様のオプションとしています。