Harvesting free energy from the atmosphere  
  • Css Template Preview
  • Css Template Preview
  • Css Template Preview
  • Css Template Preview
  • Css Template Preview
  

  オープンスペース冷房とは
 

「オープンスペース冷却」は革新的なコンセプトです。仕事現場を最適で快適な温度に下げます。大気中の水分を蒸発させて空気を冷却します。大気中の自由な潜在エネルギーを利用するわけですがこのエネルギーは生産コストがかかりません。この方式による冷房は、ランニングコストを通常の空調システムのわずか10%におさえることができます。

外気の温度が例えば37度の時には、工場など遮蔽された環境では空気の動きがほとんど無いので40度にも達します。仕事現場に熱源がある場合には温度は

 

さらに上昇し仕事環境は悪化します。

このような環境ではオープンスペース冷却がごく当然の解決策になります。

Tオープンスペース冷却では、大量の新鮮かつフィルター清浄した冷気を外部から送り込み、熱く汚れた内部の空気を排出します。外部は暑く作業からの熱気は出ますが、作業者の周りには涼しい環境がもたらされます。

  オープンスペース冷房のメリット
 
従業員の士気が向上します
作業環境が改善されて作業者の労働意欲が向上し、品質基準や安全ルールを遵守しようと する姿勢が強まります。
 
 

生産性と仕事の正確さが向上します
NASA(アメリカ航空宇宙局)の研究によれば、作業環境が我慢できるレベルに改善されることで作業の成果や正確さが大幅に向上することがわかっています。

 
会社イメージが良くなります
また、良好な作業環境やより良いワーカー福祉のイメージがもたらされることで、OEMビジネスの顧客をつなぎとめたり、新規OEM顧客を獲得するのに役立ちます。
 
 
欠勤率が低減します
さらに、良好な作業環境によってワーカーの転出や常習的欠勤傾向を減らすことができます。
 
Some of Our Customers
  • Css Template Preview
  • Css Template Preview
  • Css Template Preview