Harvesting free energy from the atmosphere  
 
モジュール式で軽量かつコンパク
 

トなので冷房システムをラインごとにせっちできます。

迅速な設置を実現するための「組み立て式」
当社のオープンスペース冷却システムは設置中にお客様の操業に悪影響を与えないよう最大限の工夫をしています。そのため、システムの構成要素は標準化されています。
雨水漏洩を万全に防止する設置方法
冷却機を設置するために屋根に開口部を設ける場合、当社は「屋根開口部カバー」、「拡張型屋根開口部カバー」を使用します。これいより確実かつ雨水漏洩の無い設置を実現しています。
プラント、人材の安全を追及した設計開発
当社のダクトシステムは安全性を最大限に追求しています。お客様のプラント、人材に対する安全性を追及して設計開発しています。
高性能を追求して開発
システム開発に当たり、当社は最大限の冷却効果を追及し、漏れによるロスを極力抑えた設計を実現しています。このために螺旋円形ダクトを使用し、内部ガイドベーンの適切な設計を重要視しています。
 

屋根開口部のカバーデザイン

当社の屋根開口部のカバーデザインには、独立型屋根開口部カバーデザインと延長型屋根開口部カバーデザインの2つがあります。2つとも薄板鋼板の支持材とカバーを作るにあたり「重ねテクニック」を使います。
重ねテクニックにより水圧がシーラントに直接かからない方向に雨水を流すことができるので、システムの信頼性をシーラントに頼りきらずにすみます。シ-ラントは第2段階の保護材となり、寿命が延びます。

開口部を密閉するのに独立型屋根開口部カバーデザインではフレキシブル合成膜を使いますが、延長型屋根開口部カバーデザインでは屋根のラインの下まで延長するのに薄板鋼板を追加します。

両方とも信頼性がありますが長期的には延長型のほうがより安心できます。