Harvesting free energy from the atmosphere  

プラスチック射出成型

 
 

衛生上の理由によりほとんどすべての食品・飲料生産工場は密閉構造なので内部の作業者には多大な熱ストレスという問題が発生します。また、油分の蒸気やスチームといった生産プロセスから生じる空気汚染という問題もあります。

密閉されたエリア内での高熱は、検査や生産ラインでのQCに従事する非移動型の作業者に悪影響を与えます。また、原料/材料準備、混合、調理といった、作業者が移動することのある作業でも恒常的な熱ストレスの問題があります。オーヴンやレトルトがある場合に作業者が断続的にそのようなレベルの熱に接する場合にも耐え難いストレスになり得ます。

オープンスペース冷房は食品・飲料をつくるすべての作業スペースでの熱ストレス問題を解決します。また、継続的に大量の新鮮な濾過された冷気をいれ、同時に、すべての汚染された熱気を作業スペースから排出します。機械類の設置状況により、スペース冷却あるいはスポット冷却を選択できます。

より高品質の冷気が必要なエリアではオープンスペース冷房に2つ目の空気濾過システムを設置することができます。