Harvesting free energy from the atmosphere  
 
冷却ネット効果

実際にはオープンスペース冷房では外気温と供給冷気の違い以上に作業場所の温度を下げることができます。これは冷気が送り込まれる時に空気を入れ替えて余分な熱を押し出すからです。

上左に示すイラストでは、屋根と側壁の放射熱で作業場所の温度は外気温より2~3度、高く、38度、相対湿度49%です。
外気が35度、湿度49%の時に供給冷気29度を得ることができ、ネットで39度マイナス29度、すなわち9度の冷却効果を得ています。
上右のイラストに示すような、作業場所に熱源がある場合。温度は40度、湿度49%にもなることがあります。
左側での説明にあるように、製造プロセスの熱源と屋根・側壁からの放射熱は空気の入れ替えで大幅に低減することができます。
オープンスペース冷房では、作業スペースに吹き込んだほとんどすべての空気を排出することで著しく高い冷却効果を得ることができます。